意外とおすすめ、TOKYO創業ステーション

東京都内で起業を考えている方で、TOKYO創業ステーションを利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も、独立開業するにあたって2回ほど利用させて頂きました。

実際に利用してみた感想をつづってみたいと思います。

そもそもTOKYO創業ステーションとは

TOKYO創業ステーションとは、公益法人東京都中小企業振興公社が運営する、都内で起業をめざす方々を応援する相談施設です。

これから創業を検討している方、創業に向けて具体的に事業の準備をされている方々を対象に、

・セミナー等のイベントの開催
・専門家相談
・事業計画書作成支援

といった、いわば起業のためのよろず相談所のようなところになっています。
利用にあたっては、一部のセミナー等を除いて無料となっており、起業を検討する方にとっては大変便利な、ぜひ利用をお勧めしたい施設となっています。

専門家相談

私が開業前に利用したサービスは、専門家相談でした。

セミナー等に参加しても良かったのですが、コロナ禍の真っただ中であったことや、自分が希望する内容のものが満席だったこともあったため、参加を見送りました。

ただ、TOKYO創業ステーションではほぼ毎日、なにかしらのイベントやセミナーを行っています。

内容は、起業検討中の方向けの少人数での座談会や、ホームページの作成方法のZOOMセミナーなど、多岐にわたっており、かなり充実していると思います。

私は現在でも、たまにイベントの一覧は見ていて、おもしろそうなものが無いか、チェックするようにしています。

話がそれましたが、私は創業にあたって融資を受けようと考えていたため、事業計画書の内容を金融機関に提出する前に、第三者の専門家の方にチェックしてもらいたいと考えていました。

そのときに、小田急線の車内公告でTOKYO創業ステーションを知ったのがきっかけでした。

予約の手順

TOKYO創業ステーションは最初にメンバー登録をWEBから行う必要があります。
必要なものはメールアドレスだけですので、気軽に登録できます。

登録後、具体的な相談内容に応じて、相談相手の専門家の方を選びます。
専門家の方々の得意分野やプロフィールを見ることができますが、ご自身で複数の事業を興された方から、現役中小企業診断士の方々まで、幅広くいらっしゃいますので、相談したい方が見つからないといった心配はなく、むしろどの方に相談するのが良いか迷うほどでした。

私の場合は具体的に融資に向けた計画書の相談だったので、銀行出身の中小企業診断士の先生を予約しました。

予約に際しては、時間と場所を選ぶ必要があります。
場所については、令和4年3月現在、創業ステーションは丸の内と立川の2拠点あり、どちらでも相談することができます。

私が相談した相談員の方は、週に2日は丸の内、残りは立川といったように、曜日に応じて相談拠点を分けておられました。

私は丸の内でも立川でもどちらでも良かったのですが、あまり行ったことのない立川で相談することにしました。

相談当日

当日は、予約した時間にTOKYO創業ステーションTAMAに行きます。
これまでの人生、一度も立川駅に降り立ったことがなかったのですが、かなり大きな駅でびっくりしました。
また、TOKYO創業ステーションが入居するビルの一帯が、おしゃれなカフェスペースや屋外庭園などが整備されており、これから起業を考えている個人事業主のおじさんにはまぶしすぎる雰囲気でした。

受付時間の10分前に到着したので、受付の方に「少し散歩してきます」と言ったところ、「ぜひ、開始まで説明聞いていって下さい」とのことでしたので、始まるまで創業ステーションについてパンフレットを交えて説明頂きました。

予約時間になると、個室に通されて相談員の方と面談になりました。
私が作成した計画書の内容をチェックしてもらって、色々とご意見を頂きました。

ご意見については、やはりというか、融資の際には必ず聞かれるであろう「売上は計画通り立つ見込みはあるの?」でした。

私自身も金融機関出身なので、同じようなことを聞くだろうなぁという感じではあったのですが、第三者の方に実際に説明することで、計数やその裏付けがまだまだ甘いな、という気付きを得ることができました。

相談員の先生はざっくばらんな年配の方だったので、ご自身の創業当初、売上ゼロ円の月が続いて辛かったというお話や、世の中一般の税理士ってこういう人が多い、といったことまで、幅広くお話することができ、相談して良かったと思いました。

相談時間は約1時間でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。
相談の内容を踏まえて、事業計画書を改めてアップデートしました。