確定申告を間違えたら

確定申告を間違えたら

毎年3月15日が期限となっている確定申告ですが、間違えたときにはどうすれば良いのでしょうか。

申告期限である3月15日より前に気が付いた場合と、申告期限後に気付いた場合とで対応が異なります。

申告期限内

確定申告書の提出期限を申告期限と呼びます。
所得税の申告期限は、例年3月15日になります。

例えば2月末に確定申告を早めに済ませたものの、あらためて申告書を見直した結果、申告の内容に誤りがあった場合はどうすれば良いでしょうか。

申告期限である3月15日よりも前に気が付いた場合には、速やかに正しい申告書を出し直しましょう。

何回も出しなおしても良いですか、と聞かれることもありますが、何回出しなおしても大丈夫です。

税務署としては、特に納税者から申し出の無い限り、一番最後に提出された申告書を正規の申告書として取り扱い、それよりも前に提出したものは無視されます。

期限後に気付いた場合

申告期限後に確定申告書の誤りに気付いた場合は、すでに提出した申告書に記載した納税額と、改めて計算した納税額が多いか、少ないかで手続きが異なります。

税額を少なく申告していた時

期限内申告で税額を少なく申告していた場合は、修正申告という手続きを行う必要があります。

通常の確定申告では第一表、第二表を提出しますが、修正申告の場合は第五表という別表を使います。

具体的なやり方が分からない場合には、税務署や税理士に相談しましょう。

修正申告を行うと、申告期限の翌日から、不足額を納付した日までの日数に応じて、延滞税が課されますので、誤りに気付いたらできるだけ早く提出するようにしましょう。

税額を多く申告していた場合

期限内申告で税額を多く申告していた場合は「更正の請求」という手続きを行います。

納めすぎた税金を取り戻す手続きです。

こちらは「N年分所得税及び復興特別所得税の更正の請求書」を記載して提出します。

更正の請求を行った場合も、延滞税と同じように還付加算金というお金が日数に応じて支払われる場合があります。

更正の請求は、申告期限から5年を超えると受け付けてもらえませんので、こちらも修正申告と同様、早めに提出しましょう。

また、更正の請求を行うと、税務署から内容について照会の電話が来ることがあります。
通常は更正の請求の内容を署内で通すための詳細の確認になりますので、ありのままの事実を話すようにしましょう。

まとめ

申告の誤りに気付いたら、速やかに再提出することが基本です。
再提出の手続きは、申告期限前後で下表の通り行う手続きが異なります。

やり方が分からない場合や、不安なときには税理士に相談しましょう。